09 Jul 2015 Press Release

NETZSCHがGABOを取得

2015年7月9日、ドイツ、ゼルブに於いて、NETZSCH-Gerätebau GmbHは、 GABO QUALIMETER Testanlagen GmbHの取得を発表しました。

GABO QUALIMETER Testanlagen GmbH(本社 ドイツ、アールデン、以下GABO社)は、高荷重の動的熱機械分析装置(DMA/DTA)の世界的トップメーカーです。GABOの装置は、タイヤやゴムの試験分野で工業標準となっています。

GABOのDMAは、その豊富な試料ホルダーとアクセサリーを含めて、急速に成長するコンポジット市場のニーズに完璧に応えるものです。

さらに、GABOの高温DMA(最高温度1500°C)は、世界的にみてもユニークな装置です。GABO DMAシステムは、 世界的に有名な大企業、研究機関や国立研究所で日常的に使用されています。

GABO社のマネージングディレクターRonald Gaddum氏は、“我々の主要な市場において、NETZSCHグループは、素晴らしい販売、サービス拠点を持っています。NETZSCH製品にGABOの製品ラインアップが加わることにより、さらにビジネス全体が成長し、マーケットを確実にリードすることになるでしょう。GABOの高荷重DMA/DMTA装置と、自動試料フィーダーを備えた完全自動DMAは、これに重要な貢献をすると思います。開発、アプリケーション、販売におけるシナジー効果により、DMAや熱分析全体における完全なソリューションを顧客に提供できるマーケットリーダーを生み出すことを期待しています。

我々のチームは、業界における我々のポジションのみならず、将来的な可能性にも深い理解を示す、世界的にアクティブなドイツ企業とのコラボレーションに興奮しています。”と満足の意を表明しています。

NETZSCHは、ほぼ全ての材料の熱的特性解析分野における世界的技術リーダーです。NETZSCH は、熱分析、熱量測定(断熱及び反応)や熱物性解析の完全なソリューションを提供しています。50年に及ぶ応用経験、幅広い最先端の製品ラインアップや提供する総合的サービスは、顧客の全ての要求に応えるだけでなく、顧客の全ての期待を超えるソリューションと装置構成を保証しています。

NETZSCHは、DSC、TGAやEGA装置を含む、幅広いゴムの特性解析用分析装置を提供しています。複合材の分野においては、NETZSCH分析装置は、DEAによる硬化モニタリングを含む製造工程全体をカバーしています。さらにNETZSCHは、STAやDILのような技術によって、熱分析の高温アプリケーションにおける技術的リーダーとなっています。

この取得は、NETZSCHと GABO双方の顧客が、新たな製品ラインアップ、動的熱機械テストにおける最高レベルの技術や世界に広がるサポート体制から大きな利益を受けることを可能にします。

NETZSCH Analyzing & Testing Business Unit社長のDr. Thomas DennerとMarketing & SalesマネージングディレクターのDr. Jürgen Blummは、この取得に関して、“我々は、NETZSCHとGABOの融合に関して大変興奮しています。両社共、長い伝統を持つファミリー所有企業であり、世界をリードする製品ラインアップを持っています。この融合は、多くの分野、特にゴムやタイヤ、複合材や高温材料、単一ソースからの全ての材料に対して、より広い製品範囲を提供することができるようにするでしょう。”とコメントしています。

GABO Website